〜SAJ〜 Stepfamily Association of Japan

子連れ再婚家族のための支援団体

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

教科書の執筆

1487428_168723063338584_741326612_n.jpg

夏に入稿した原稿の初校があがってきました。
保育士養成のための教科書の中で、ステップファミリーについての事例研究の章を執筆させていただきました。

ステップファミリーの他にも様々な家庭の課題が提示されていますが、多様化する家族のその様々な課題を具体的に問い、理解を促す充実した内容の教科書になっています。

保育士は子育て家庭に直にかかわることが多い職業です。
難しいテーマや事象が多々ありますが、支援者としての力を蓄え、子どもや親たちが安心して頼れる存在になって欲しいです!

今回の教科書では、私たちの執筆部分とリンクして、ステップファミリーに関する専門的情報もかなり盛り込まれています。
嬉しいですね!!

執筆者はSAJ運営委員であり、そして継母研究の第一人者としても活躍中の大阪産業大学の准教授、菊地真理先生。
SAJ創設からかれこれ丸12年のおつきあいになります。
SAJは彼女をはじめとするボランティアメンバーによって、ここまでになってきました。
これからも細々、地道な積み上げを継続です。ファイト!

| アドボカシー・社会提言活動 | 17:24 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東北大学で講演



2014年1月8日 東北大学にてステップファミリー講座をしてまいりました。
全学教室というのでしょうか。法学部や歯学部、文学部など様々な学部の一年生が参加する教室です。
今回はステップファミリーについての講座でしたが、前回はLGBTのゲイカップルの経験談があったそうです。
次回もLGBTのレズビアンカップルのお話を予定されているとか。
多様な家族の形態を学べること、また、学ぶ機会をこうやってしっかり与えてくださる教育機関って大事ですよね。
ご紹介くださったのは、家族社会学の下夷美幸先生。貴重な機会をいただき、ありがとうございます!

学生さんを対象とした講話はあまりこれまでしてこなかったので、
改めて、学生さんが関心もちやすい視点でのトークを考えておかなきゃ!と終わってからふと気づきました。
次回は子ども立場の視点からの話題を提供していきたいです。
頑張ります!

| アドボカシー・社会提言活動 | 17:06 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地域行政でのステップファミリー支援1

まだまだステップファミリーのテーマ、課題は社会的には認知されていないのが現状です。
しかし、そんな中でも数は少ないですが、地域行政でのステップファミリー支援のスタートが着目されつつあります。
2011年、東京都保健福祉局にて、「Tokyo Step Project」という事業が行われました。
2012年、大阪市こども青少年局にて、ステップファミリーのためのハンドブックが作成、配布されました。
ちらほらですが、少しずつ、ステップファミリーの支援の必要性が認められつつあります。

ここでは、その大阪市のステップファミリーハンドブックをご紹介します。
ハンドブックは、おとな編とこども編の二冊が作成されています。
otona1126.jpgkodomo1126.jpg
http://www.city.osaka.lg.jp/kodomo/page/0000179097.html

おとな編の2ページには、SAJでもおなじみのステップファミリーの発達段階が一部紹介されています。
※発達段階の詳しい内容は、SAJのホームページコンテンツにて確認ください。

大阪市では、子育ていろいろ相談センターKISC様でも、当事者のためのワークショップも継続して開催されていましたね。

また、もうまもなく、別な地域行政での同様の取り組みをご紹介できそうです。
少しずつですが、ステップファミリーの課題と、それに必要な情報が社会に伝わりつつある気がします。

でも、全くまだ満足・安心できる状況ではありませんよね。
もっともっと!地域の子育て支援の中で、ステップファミリーについての支援が充実することを願います。



| アドボカシー・社会提言活動 | 17:40 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地域行政でのステップファミリー支援2

大阪市に続いて・・・。

兵庫県小野市にて、ステップファミリーハンドブックが作成、配布の運びとなりました。


http://www.city.ono.hyogo.jp/p/1/8/13/2/24/

小野市のハンドブックでも、ステップファミリーの発達段階が紹介されています。

SAAの創設者ヴィッシャーさんは、ステップファミリーの発達段階を、家族の絆を作り上げるための旅の地図、と表現していました。

多くのステップファミリーは、家族になって当初の戸惑いやつまづきを経験し、見通しがつかない不安を抱えがちです。
家族は型通りに発達するわけではありませんが、ステップファミリーならではの課題を経験することはもちろんあるわけです。
ステップファミリーがどんな期待をもってスタートして、どんな課題を感じて、どんな取り組み方をするのか・・・その情報を持つことが必要です。それが発達段階という地図です。

その地図も今はもっと様々な情報の補足がされるようになってきました。
SAJは、今年それをまた、新たにお伝えしていきたいと考えています。



| アドボカシー・社会提言活動 | 19:55 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

保育士さんの教科書「家庭支援論」

ステップファミリーという言葉やその意味(家族形態)を、最近は中学校の家庭科教科書などでもみかけるようになりましたね。
今日はそれがまた増えましたよ〜というお知らせです。ハ(^▽^*) パチパチ♪

保育士さんの養成課程で教科書として使われる、
「学び、考え、実践力をつける 家庭支援論」(保育出版社)が出版されました。
http://www.hoiku-pub.jp/child-care/kateishienn.html

image-7.jpeg

この教科書には、近代の日本の子育てにおける状況変化や、子育て観、家族の多様化などをふまえた、具体的かつ実践的な情報が掲載されています。
目次をちらっと見てくださいませ。

image-6.jpeg

見えましたかー?
障害のある子どもをもつ親、ひとり親家庭、ステップファミリー、異文化(外国籍)の家族・・・
とても具体的ですよね。そのうち、LGBTの家族などもきっと含まれていくのじゃないでしょうか?

様々な家庭のケースを想定して、専門的情報をふまえつつ、そして第12章では、保育現場を想定してのケーススタディが掲載されています。

image-5.jpeg

この12章のステップファミリーのページは、昨夏にご依頼いただき、SAJが書かせていただきました。
ステップファミリーの1つ前のテーマ、ひとり親家庭の内容は、離婚し別居した父親との面会交流の事例でした。
他のテーマの原稿は完本するまで拝読することはなかったのですが、私たちは事例1を継母ケース、事例2に面会交流のテーマをいれました。その偶然とつながりの良さに嬉しくなりました。
この教科書で学んだ保育士さんは、離婚での面会交流と子どもの気持ち、親の再婚後の子どもの気持ち・・・と、家族の変化にそって子どもの気持ちを慮ってくれるサポーターになってくれるわけですから・・・なんてありがたいんでしょう。(期待大!)

ひとり親家庭の課題に面会交流がきちんと取り上げられる時代になったことや、離婚後の家族のテーマとして、面会交流とステップファミリーが併記されるようになったことで、時代の変化を感じさせられました。
外国籍の親のケースでは、なんとハーグ条約にまで触れられています。保育士さんもたくさん勉強しなきゃなんですね。
頑張ってください〜!頼りにしていますー!



| アドボカシー・社会提言活動 | 19:39 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ステップファミリー情報・ハフィントン・ポストより1

みなさま こんにちは!

今回は、Huffington post 記事からステップファミリーについての特集をご紹介します。
面会交流のレポートにご協力いただいている青木先生がリンクされていましたのを拝見して、面白そう・・・・と思いついてのレポートとなります。

英語を読める方は是非元記事をご覧くださいませ☆
↓クリックすると元記事に飛びます♪ ^(・0・ )^
http://www.huffingtonpost.com/

記事のタイトルは・・・
6 Ways To Beat Stress In A Blended Family
ステップファミリーがストレスに打ち勝つ6つの方法

Huffington postでは、ステップファミリーのことをBlended Familyと呼んでいるようです。
でも継親さんのことはstepparentsと呼んでいますね。
Blended Familyを使うのと、Stepfamilyと使うのを分ける意味や感覚をどなたか教えてください(笑)

余談はさておき・・・
では、SAJ運営委員のサリーさんが本文を要約してくれましたので、ご一読いただければと思います!
サリーさんありがとう♪

なお、要約にあたって、本文でBlended Familyと書かれていた箇所をステップファミリーに置き換えています。
また、比喩表現を日本語でイメージしやすい訳にしております点、ご了承ください。

どうやらHuffington postでは、毎週金曜日にステップファミリーの事例などを紹介するコーナーを設けているようですね。
今回の記事の1項目ごとに、過去掲載されたステップファミリーの記事がリンクされています。

日本版も最近よく見かけるし・・・ないのかしら?と探してみましたが、日本版Huffington postの検索では「ステップファミリー」もヒットせず。
ぜひぜひ、日本版Huffington postでこのコーナー作ってくれるといいですね〜。
(まだまだ日本の家族テーマに、ステップファミリーが位置づいていないあらわれということでしょうけれど)

・・・・前説が長くなりましたので、本文のご紹介は次のページに掲載しますね(笑)

| アドボカシー・社会提言活動 | 19:14 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ステップファミリー情報・ハフィントン・ポストより2

http://www.huffingtonpost.com/

6 Ways To Beat Stress In A Blended Family
ステップファミリーがストレスに打ち勝つ6つの方法

ステップファミリー特集の一つとして、毎週、一つのステップファミリーにスポットを当て、2つの家族をうまくまとめた方法を実例から学びます。それぞれの家族の物語が、ステップファミリーであることに喜びを見い出す手がかりとなれば幸いです。

huffingtonpost.comより

本物のストレスを知りたい?だったら、結婚して子供を持ち、離婚してから子供のいる人と結婚してみればいいでしょう。親権争いから、家族ドラマに入り込んでくる復讐心に燃える元配偶者にいたるまで、ステップファミリーはストレスに事欠きません。

継親が家族生活での緊張を少しでも減らすにはどうすればよいのでしょうか。ここでは、今までの金曜日のステップファミリー特集で紹介したベストアドバイスをいくつかおさらいしてみましょう。他の親の意見に耳を傾け、ステップファミリーのストレス対処法へのあなたなりのアドバイスをお寄せください。


1. 子育てについては、早い段階でパートナーと計画を立てましょう
他人の子供を育てるのは容易なことではありません。それに普通、最初の数年は一番辛いとき。だからこそ、しつけは誰がするのかを含め、子育てについてパートナーと合意できれば、継子と穏やかな関係を築くまでの険しい道のりがはるかに楽になります。
継母であるジャニス・ビッセルさんは、結婚後間もなく夫とこの方法を編み出しました。「(主人は)、末っ子のCJのしつけに関してかなり自由にやらせてくれたし、いつでも私の味方になってくれました。」
継子に関する大きな問題は夫が決断しましたが、ビッセルさんはそれで構わないと思っています。「コントロールをやめることも学びました。今でもすごく難しいですけどね。でも、結局それが家族にとって良いことだし、必要なんですよ。」

2. いっぱいいっぱいだと感じたら、問題に一つずつ取り組みましょう
ジェニファーさんとジェーソンさん夫婦は、ストレス対処法は一般家庭と変わらないと語りました。違いは?「家庭裁判所の手続きが遅いとか子育てコーディネーター代が高いとか厄介な元配偶者がいる」といったストレスがあることでしょうか。
では、どう対処しているのでしょうか。「ストレスはストレス。他の人同様、千里の道も一歩から」とジェニファーさん。「オープンに話し合い、二人の時間をたくさん持つようにしているので、私達は強くかけがえのない絆で結ばれています。どんなにストレスがひどくなっても、人生を楽しむという一番の目的を見失わずにいられるんです。」

3. 家族(元配偶者も含め)は、チームと考えましょう
「私たちvsあの人たち」という心の中で線引きすると、家族をまとめたり元配偶者と折り合いをつけようとする努力が台無しになる、とプレンティス・アールさんは言います。二児の父のアールさんは、今でも前妻とその新しい家族と親しい関係です。
「2つの家庭を別々ととらえていた頃は、今よりずっとストレスが多かったと思います」とアールさん。「以前ほど家族に関するストレスは感じなくなりました。一つのチームになったからだと思いますよ。」

4. やることリストを活用しましょう
家事をちゃんと終わらせたいなら、大きなホワイトボードを買ってやることリストを作りましょう、と継母のレイ・ロザードさんは言います。「世界平和のために、やることリストを活用しましょう。本当に劇的に変わりますよ。」
huffingtonpost.comより

5.ささいなこともお祝いしましょう
一番上の子と一番下の子が、クッションで基地を作りながら仲良くなって行く。妻と二人で親権の取り決めをうまくまとめることができたので、秋にちょっと休暇を取ることができた。「こんなささいなことでもうまくいったら、お祝いしていいんです」とステップファミリーの母親、アンディ・パーカーキンブローさんは言います。「一日一日(一瞬一瞬の場合もあるでしょう)を過ごすこと。家族を1つにするのは焦らず少しずつ、そして小さな一歩でもお祝いしましょう。」

6.何事も完璧を求めないようにしましょう
普通の家族ですら完璧ではないのですから、ステップファミリーが完璧を目指すことはありません。読者のケリー・マルケリンフォードさんは、ステップファミリーの第一歩は、期待度を少し下げることだと言います。「物事が完璧に行くなんて考えないこと。完璧にいくわけないもの。いつも子供とうまくいくわけじゃないし、家がいつも平穏だとも限らない。『ありがとう』や『お願いします』が当たり前じゃないんだから。」
それより、家族をまとめるには親はもっと賢いやり方をした方がいい、とケリーさんは提案します。「現実的な方法は、慈しみ導いていくべき子供が増えてこんなにラッキーなことはない、という思いを積み重ねていくことじゃないかしら。」

**********************

いかがでしたか?以上が今回の記事の本文要約となります。
制度的な違いから、前の配偶者との「チーム」をイメージするのはまだ今の日本では難しいかもしれませんが、でも、根本的な家族の捉え方を示唆しているのだと考えれば、自身の家族観やそのとらわれを気づきませんか?
6つの方法があげられていますが、そのいずれかひとつでも実践できるようになれば・・・きっとあなたのステップファミリー生活もまた変化をし始めるのではないでしょうか。
一緒にチャレンジしてみましょうね♪ 世界平和のために(笑)


前説記事1へ戻る

| アドボカシー・社会提言活動 | 19:20 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京新聞:「子連れ」結婚 多様なかたち 受け入れて

ステップファミリー関連記事が、東京新聞 2014年4月18日 朝刊 暮らし面に掲載されました。
SAJのサポートグループLEAVES(リーブス)関西を取材いただきました。
また、取材にご協力いただきました参加者の皆様に厚く御礼申し上げます。

リーブスでのワーク内容や様子が伝わってくる記事ですね。
リーブス関西は2001年から一番長く継続開催しているサポートグループです。
かつてはステップファミリーになって間もなく、「どうしよう・大変だ」と思っていたメンバーも子育てを終え、ステップファミリーの仲間を支える頼もしいサポーターとして、ボランティアメンバーがリーブス関西を運営してくれています。
地域のサポートグループは、年4回定期的に開催しています。
現在の開催地域は、東北(仙台)、関東(東京)、東海(名古屋)、関西(大阪)。
温かく、ユーモアたっぷりにステップファミリーについて語ることのできる場所です。
もし誰かと相談したい、いろんな人の話を聞いてみたいと思ったときは、気軽に参加してみてください。


*************

子連れの人の結婚で生まれる家族の形を「ステップファミリー」と呼ぶ。離婚や再婚の増加とともに増えているが、当事者が悩みを相談できる場はまだ少ない。適切な支援のために必要なのは、まず家族の多様な形を受け入れる姿勢だ。 (竹上順子)

続きは下記リンクへ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2014041802000142.html

| アドボカシー・社会提言活動 | 17:41 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3月30日開催 ステップファミリー研究会の報告

 2014年3月30日、明治学院大学社会学部附属研究所にて、ステップファミリー研究会を開催しました。
 今回は大変盛りだくさんの内容でした。研究者の方々の貴重なご報告は、ステップファミリー支援における課題や支援の方向性を教示いただくものであり、今後のSAJの活動について参考はもちろん、私たちスタッフの意欲を更に湧き立たせる刺激となりました。

 参加メンバーは、SAJスタッフは代表緒倉、副代表吉本、運営委員の水谷、伊藤、菊地真理(大阪産業大学)。SAJアドバイザリーボードの野沢慎司先生(明治学院大学)、茨木尚子先生(明治学院大学)。今年度からの事業にご協力いただくことになった小田切紀子先生(東京国際大学)、他大学院生2名(東京大学)の計10名でした。

 研究会の内容は、スペース上の理由から簡単にまとめさせていただきます。

 1つ目は、野沢先生からの「ニュージーランドの離婚・再婚後の家族支援状況」の報告。昨年度の半年間、野沢先生はニュージーランドに滞在され、同国のステップファミリーの社会状況や支援制度などをリサーチ・研究されました。これまでアメリカについて議論することが多かったように思いますが、アメリカ以外の英語圏の国のステップファミリーの状況を伺うことができ、大変興味深い内容でした。SAJにと同国のステップファミリーや離婚に関する資料のお土産もたくさんいただきました。詳しくはまた後日、ホームページにてレポートする予定です。

 2つ目は、野沢先生と菊地さんの共同研究報告。お二人は昨年度、ステップファミリーの継子の立場を経験した若年成年の方を対象とした調査研究をされています。
ステップファミリー経験をした上での継親子関係の捉え方、実親子関係の評価、別居実親の喪失と役割再編などについて調査分析され、日本のステップファミリーにとって何が課題となっているかなど考察を報告いただきました。
 今回の研究論文は、明治学院大学社会学部附属研究所の研究年報にてウェブ公開されております。
リンクから論文のPDFが入手可能です。
http://soc.meijigakuin.ac.jp/fuzoku/?p=3300

 3つ目は大学院生のお二人から、それぞれの研究について報告をいただきました。おひとりは面会交流を体験した子どもの心理過程についての質的研究の報告をいただきました。面会交流の現状の社会的な課題や背景をふまえつつ、面会交流の中での課題、特に子どもの意思反映や選択の際に必要な援助について今後も研究をすすめられて行くとのことでした。もうひと方は、継父について、継子経験者へのインタビュー結果を報告いただきました。実はお二方とも親の離婚・再婚を経験されたお子さんの立場だそうです。当事者であることを活かしながら研究を進めて行きたいとおっしゃっています。いずれの支援や制度においても、当事者の目線やニーズの理解が重要です。ステップファミリー研究先進国アメリカのように、研究者兼当事者という人材が育まれつつあることに、日本の状況の進化を感じとても嬉しく思いました。

 次にSAJの水谷より、ステップファミリーの相談支援の現状というテーマで、電話相談事業における相談件数や人数、性別、立場、相談内容の傾向、今後の課題について報告させていただきました。日常の暮らしに密接した相談になりやすいことから切り分けの難しい問題、多様な慣習にまつわるもの、子どもの発達に絡む相談も多くあることから、今後の体制についても話し合いました。相談事業について今年度は、キリン福祉財団より助成をうけ、ファシリテータおよび相談員研修を行う予定です。

 研究報告の最後となります。小田切先生は離婚後の親子関係についてかねてより精力的なご研究をされてきました。昨年はオレゴン州にて離婚時の親教育プログラムの研究をされ、この研究会の数日前まで、ケンタッキー州にて親教育プログラムのインストラクター研修に参加されていました。今回はそのケンタッキー州での親教育プログラムの特徴など紹介いただきました。ケンタッキー州において夫婦が離婚する際は、夫婦それぞれが親教育プログラムに参加することはもちろん(オレゴンも同じ)、子どもも専用プログラムへの参加が義務づけられているとのこと。(離婚から三ヶ月以内)
 各プログラムは様々なアクティビティが取り入れられ、ビデオ視聴などを含めた参加型の構成。また夫婦間の葛藤が高いケースについては別途parent Achieving with Collaborative Teamというクラスが用意されているようです。
 親と子どものプログラムのおおまかなご紹介となりますが、下記のような構成だそうです。
<親向け>
・ 離婚にまつわる子どもの疑問を理解し対応する
・ 離婚後の親子の関係を強化する
・ 協力して子育てをする関係を作る

<子ども向け>
・ 気持ちを理解し離婚についての誤った考えを変える
・ 離婚にまつわる怒りの気持ちとつきあう
・ 離婚のことにうまく対応するための対処スキル

また、思春期の子どものクラスも別途あるとのこと。
 アメリカでの離婚時の親教育プログラムを実施する場合には、その家庭がステップファミリーであることも多く、ステップファミリーについての知識や対応も求められるというお話もありました。
 お話を伺っていると、離婚時の制度的な対応の違いが、日本とアメリカでありありとしていることにショックもうけますが、同時に、小田切先生らを初めとする研究者や支援者の皆様が、日本でも同じように親への支援や教育の導入をと、尽力いただいているとのお話に敬服いたしました。私たちもステップファミリー支援の拡充によりいっそう努力していかなければとならないと改めて思います。

最後に、私緒倉より、SAJの2014年度・2015年度の事業計画について簡単に報告させていただきました。今年度の事業についてはまた別途、ホームページ上で展開させていただきますので、ぜひ楽しみにお待ちいただければと思います!

長くなりましたが、以上、3月30日開催のステップファミリー研究会開催の報告とさせていただきます。

SAJ代表  緒倉珠巳





| アドボカシー・社会提言活動 | 21:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日米プロジェクト・ステップファミリーセミナー開催

家族支援専門家のためのステップファミリー支援を学ぶセミナーを開催!

        ーーー終了いたしましたーーー

          開催報告記事<愛育ねっと様掲載>



ステップファミリーの発達段階で知られるパトリシア・ペーパーナウ氏、ステップファミリーのための教育プログラムを開発したフランチェスカ・アドラーベーダー氏、米国の新進気鋭のステップファミリー研究者チェルシー・ガーノー氏を迎え、2日間にわたる集中セミナーを開催します!

参加申込:「イベント等申込」メニューからお手続きください
参加費 :2000円 (SAJ会員:1000円 無料会員をのぞく

詳しくはチラシをご覧ください。
下記リンクをクリックするとPDFファイルが開きます。
<チラシデータ(大:約6MB)>
<チラシデータ(小:約800KB)>

scshot20140630a.png

| アドボカシー・社会提言活動 | 08:30 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

関連団体リンク

ステップファミリーや多様な家族を支援・啓蒙活動する団体を紹介

にじいろかぞく ~Rainbow family~

定形外かぞく 家族の形のダイバーシティ

女性ライフサイクル研究所

NPO法人
FLC安心とつながりのコミュニティづくりネットワーク


一般社団法人 びじっと・離婚と子ども問題支援センター

| アドボカシー・社会提言活動 | 18:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT