Q ステップファミリーとはなんですか?

夫婦の一方あるいは双方が、前の配偶者との子どもを連れて再婚した時に誕生する家族を『ステップファミリー』といいます。

『ステップ』とは英語で『継関係』という意味です。
ステップファミリーの家族の構成はさまざまです。
これまでシングルマザーとして子どもを育ててきた女性と子どもを持ったことがない男性のカップルの家庭もあれば、反対にシングルファーザーが出産経験のない女性のパートナーと結婚した家庭もあります。今の家庭に自分の子どもがいなくても以前の結婚でできた子どもを元配偶者が引き取っているケースもありますし、双方とも子連れで再婚する場合もあります。
子どもの性別、年齢、人数、その組み合わせもさまざまなら、子どもに離れて暮らす実親と面会があるかどうか、以前の結婚が死別か離別かなど、ステップファミリーと一言で言っても、その構成は背景は各家庭で大きく異なります。

Q 普通の家族とは違うの?

初婚の家族とは異なる構成であっても、ステップファミリーもまた「普通の家族」であることに変わりはありません。

ステップファミリーは、夫と妻がいて子どもがいるために、子どもたちが夫婦両方と血のつながっている初婚の家庭と一見同じに見えますが、初婚の家庭とは違うストレスや問題が存在することが多くあります。その意味で、多数派である初婚家庭と比べた場合、ステップファミリーは「初婚家庭とは違う」と言えるでしょう。
ただし、SAJでは多数派である初婚の家庭が「普通」、少数派のステップファミリーが「普通ではない」とは考えていません。ひとり親家庭や多世代同居など、家族の形はいろいろありますが、そのどれもが「家族」です。

Q 幸せなステップファミリーになるためにはどうしたら?

幸せな先輩ステップファミリーの話を聞くなど、情報を得るよう努めましょう。初婚の夫婦の場合、家庭を作る上でお手本になる例をたくさん見聞きしているものです。・・・つづきを読む ↓

自分の両親や祖父母、友人や友人の両親、きょうだいの家庭など、よいお手本にしろ反面教師となる例にしろ、子どもはいろいろな夫婦・家族関係を目にして育ちます。ステップファミリーの場合は、お手本となる夫婦・家族関係を目にして学ぶ機会が大変限られているのが特徴です。
初婚の結婚しか知らない人間からのアドバイスは、初婚のカップルにとっては有益でも、ステップファミリーのカップルにとってはかえって害にしかならないケースが多くあるものです。現実に即したアドバイスを得るためには、先輩ステップファミリーの経験に基づく情報を、意識して取り入れていくことが必要になってきす。
ただし、他のどの形の家族もそうですが、「こうすれば絶対うまくいく!」などという王道は、残念ながら存在しません。様々な情報を知った上で、自分自身の家庭に何が役に立つのか積極的に取捨選択を行いつつ、試行錯誤をしながら自分の家族を作り上げていきましょう。

ステップファミリーに関する情報は、今までの日本には、ほとんどありませんでした。


SAJは、当事者と専門家に向けて
ステップファミリーに関する情報を提供し、

インターネットや地域で当事者同士が支えあう
サポートグループ活動を行ない、

ステップファミリーが暮らしやすい社会を作るために
提言をするなどの活動を行っています。

SAJホームページへようこそ

SAJスタッフ

Author:SAJスタッフ
■ 事務局 ■
070-5574-2827
電話受付時間
月 金 午前9時〜午後3時
火水木 午後4時〜午後7時
infoアットマークsaj-stepfamily.org
  (@を置き換え)

〒983-0851 
仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地
みやぎNPOプラザ内
レターケース10 
※大きな郵送物を送られる際は、事前に事務局までご相談願います。

CONTENTS
twitter
facebookページ
最新記事
SAJのオススメ
神話 著作権 event 講師 電話相談 継母 継母
SAJ関連リンク
団体代表者

緒倉 珠巳(オグラタマミ)
SAJ(ステップファミリー・アソシエーション・オブ・ジャパン)代表。2001年、SAJ設立直後から参加。2010年から代表。シングルマザーを6年経験後、再婚。2児の母。ステップファミリー歴は15年。ステップファミリーのサポートグループ「LEAVES」を東北、関東、東海、関西で運営。研究者と協働し、セミナー開催や専門著書執筆などで活躍中。SAJ相談業務担当。児童福祉および家族にかかわる専門機関での研修講師なども務める。日本離婚・再婚家族と子ども研究学会理事。

主な著作
・『Q&Aステップファミリーの基礎知識―子連れ再婚家族と支援者のために』野沢慎司他編著 pp128- pp143.(明石書店 2006年)
・『ステップファミリーのおとなのためのきほんブックレット』野沢慎司/緒倉珠巳/桑田道子/伊藤幸代 全32ページ(SAJ 2017年)
・『子どもの虹情報研修センター 紀要No.15』「新たな親子関係の構築を考える」pp92-pp108.(子どもの虹情報研修センター 2017年)
・『ステップファミリーのきほんをまなぶ 離婚・再婚と子どもたち』SAJ・野沢慎司編(金剛出版 2018年)
・『保健医療分野に生かす 個と家族を支える心理臨床』日本家族心理学会編集 pp134-pp144(金子書房 2019年)
問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: