〜SAJ〜 Stepfamily Association of Japan

子連れ再婚家族のための支援団体

2018年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

離婚・ステップファミリー関連のイベント等お知らせ

<学会・セミナー開催情報>
1)
日本家族心理学会第35回大会
2018年9月15日(土)~17日(月・祝)開催場所:立教大学 池袋キャンパス(東京都豊島区西池袋)
大会テーマ: 家族のいまー多様性と流動性―
jafp2018.org
☆最終日17日午前、ステップファミリー支援のワークショップを開催予定です。
※締切済み

2)
国際交流基金日米センター助成事業
「面会交流支援者と家族支援者のための 親教育プログラムを学ぶ」
2018年10月20日(土)21日(日)10:00-16:15
大正大学7号館711教室
案内ページはこちら>>https://sites.google.com/site/cgpseminar2018/
cgp2018info1.jpg

☆SAJのアドバイザリーボードである野沢慎司先生(明治学院大学)が登壇予定です。


3)
日本離婚・再婚家族と子ども研究学会第1回大会
2018年11月3日(土)~4日(日)茨城大学水戸キャンパス
案内ページはこちら>>2018.jarcds.org
1stjarcds818j.jpg

☆2日目、FAITプログラムとステップファミリー支援のワークショップの2つが開催(並行)予定です。

| アドボカシー・社会提言活動 | 23:12 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SAJ出版部からの資料情報2011-2016

SAJが2012年から2016年までに出版した報告書等の一覧ページです。
ステップファミリー理解や日頃のご支援にお役立てください。


booklet1.png

 ・ステップファミリー・アソシエーション・オブ・ジャパン(SAJ)
『ステップファミリーのおとなのためのきほんブックレット【改訂版】』
(SAJ出版部) 2017年[Kindle版 2018年]
AmazonでKindle版を購入できます。http://amzn.asia/egz0UWK
*SAJが制作した当事者や支援者に向けたステップファミリーに関する手軽な入門書であり、ステップファミリーの家族関係づくりのヒント集。わずか32ページの中に、ステップファミリーの構造特性などに関する基本情報がわかりやすく凝縮されて解説されています。このブックレットが本書の原型となっています。Kindle版は上記のAmazonサイトから購入できます。


usjconfimage.jpg

SAJ・野沢慎司(編)
『日米ステップファミリー会議2011報告書』
SAJ・明治学院大学社会学部付属研究所 2012年

*アメリカのステップファミリー研究の第一人者と言って間違いない、ミズーリ大学のローレンス・ギャノン教授とマリリン・コールマン教授をゲスト講師に招き、また日本のステップファミリー研究者や支援実践の専門家も登壇して、両国のステップファミリーの制度や文化的規範の共通点や差異について、国境を超えて初めて徹底討論した記録を詳細に記録した報告書です。フロアの当事者との質疑応答も漏れなく収録しています。
※↑表紙画像をクリックするとPDFデータをご覧になれます。



 houkokusyo

SAJ・野沢慎司(編・監訳)
『家族支援家のためのステップファミリー国際セミナー2014報告書』
SAJ・明治学院大学社会学部付属研究所 2015 年

*NSRCのステップファミリー専門評議員メンバーでもある上述のアドラー=ベーダー教授やパトリシア・ペーパーナウ博士(ステップファミリーを専門とする家族療法の第一人者)などをアメリカからゲストに招き、アメリカにおけるステップファミリーを対象とした研究、臨床、家族生活教育に関する最先端知識を丸二日間かけて惜しみなく提供していただいた記録です。創意工夫と日本文化への配慮、さらにユーモアを交えた、深くて目から鱗を落とすセミナーの全記録から学ぶことがたくさんあります。
※↑表紙画像をクリックするとPDFデータをご覧になれます。



houkokusho.png

SAJ・野沢慎司(編)
『ステップファミリー国際シンポジウム2015報告書』
SAJ・明治学院大学社会学部付属研究所 2016年

*アメリカから再びギャノン教授とコールマン教授を招き、さらに協議離婚が多い点では日本に似ているが他の点では制度的な違いが大きいニュージーランドのステップファミリー研究者、ジャン・プライアー教授(ヴィクトリア大学ウェリントン)をゲストに迎えての国際シンポジウムの詳細な記録です。日本側からも、社会学、法学、心理学の研究者、ジャーナリスト、ソーシャルワーカーなどの実践家、SAJメンバーなどが多角的に議論を交わし、3カ国間の共通点と相違点を明確化することができました。そして日本社会の制度的な課題を浮かび上がりました。
※↑表紙画像をクリックするとPDFデータをご覧になれます。

| SAJ出版部 | 21:30 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |