〜SAJ〜 Stepfamily Association of Japan

子連れ再婚家族のための支援団体

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

近刊:継母という存在 真実と偏見のはざまで

◆近刊のお知らせ◆

「私って意地悪継母じゃないかしら?」
「どうして継子とうまくやれないんだろう?」
「なぜ夫は継子にばかり甘いんだろう?」


継母なら一度はそんな思いを感じて悩んだことがあるのではないでしょうか。
大丈夫。それはあなただけではありません!
アメリカ人の継母さんの多くも同じように悩んでいます。
そればかりか、アマゾンやアフリカでも血のつながりのない親子関係は複雑で緊張に満ちているのです。

『継母という存在 真実と偏見のはざまで』は、なぜときに意地悪な思いを抱いてしまうのか、なぜ継子は心を開いてくれないのか、なぜステップファミリーは難しいのかを心理学や生物学、文化人類学といった切り口で解き明かそうとします。「継母という存在」、それを知る糸口がここにあります。


stemon0703image.png

記事を最後まで読むとステキなお知らせがあります。
↓Read Moreをクリック!


 この度、アメリカで多くの継母当事者からの支持とレビューを得ているウェンズデー・マーティン氏の著書『Stepmonster』の翻訳書「継母という存在 真実と偏見のはざまで」を出版する運びとなりました。

 SAJの運営員であり、継母当事者である伊藤幸代氏の、どうしても日本の皆さんに知っていただきたい!読んでいただきたい!という思いに発し企画し、北大路書房様の多大なご支援により、出版にこぎつけることができました。

 この本はアメリカの多くのステップファミリー研究知見を基に、複数の当事者経験を併せ、多角的な考察がなされています。日本では他に類を見ないステップファミリーに関する書籍になりました。
 参考文献の数は300に近く、それほど日本とアメリカとでは家族における社会的関心、専門家の数が違うことにも衝撃を受けられるでしょう。

 日本でも、離婚の際の面会交流が法律上で明記され、離婚後の家族の有り様が変わりつつありますが、その時どのような課題があり、どのような工夫、努力を必要とするのかわからないままに理想を求め、結果、失望することも多々あるのではないでしょうか。

 日本の離婚の状況は、アメリカよりも数十年、状況がずれていると言われていますが、逆に言えば、そこに学ぶ機会が多いと言えます。離婚後の家族の多様化を、より詳しく知ることができる一冊ですので、当事者はもちろん、家族に関わる立場にある方々にも必ず読んでいただきたいです。
 本書には、昨夏SAJがお招きし講演いただいた、フランチェスカ・アドラー=ベイダー氏やパトリシア・ペーパーナウ氏が何度も登場しています。セミナーの内容、報告書とリンクする話題がいくつもありますので、納得されることが多々あることでしょう。

ぜひ、この夏の「じっくり読む一冊」としていただけましたら幸いです。

※ パトリシア・ペーパーナウ氏は今年も来日され、家族療法学会にてご講演予定です。

タイトル:継母という存在 ー真実と偏見のはざまで
著者:W.マーティン 著/ 伊藤幸代 訳/ SAJ 解説
体裁・ページ数:A5判・352頁
本体価格:3200円
ISBN978-4-7628-2898-0
発刊日:2015年7月24日
出版社:北大路書房
http://www.kitaohji.com

amazonはこちら>>
版元ドットコムはこちら>>

お得な情報!:購読ご希望の方はこちらのチラシをご活用ください☆

| SAJ出版部 | 14:50 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://web.saj-stepfamily.org/tb.php/136-d92c7193

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT