〜SAJ〜 Stepfamily Association of Japan

子連れ再婚家族のための支援団体

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

6 【「子育て連合」をつくる】

親が離婚した後も、引き続き父母どちらともコンスタントに面会している方が、子どもは環境の変化に対応しやすく、また心身の発達にもよいことが調査によって明らかになっています。

前の結婚関係は終わっても、実の親と子どもの関係は続いています。
親同士がよい関係を築き、子育てに取り組む姿は、子どもに、離れて暮らす実親、新しく迎えた継親、どちらも愛していい、どちらの親も自分を愛している、というメッセージとなります。
離婚時に体験した親と子の面会がそう頻繁でない場合でも、親同士がよい関係を持つことは、子どもによい影響を与えます。
子どもが行き来することには、次第に慣れるでしょう。波はありますが、しばらくすると、このような変化を“普通”のことと感じます。

 これらの6つの項目は新しい家族が自分たちのよりよい関係を作るためのポイントとなりますが、すべてを簡単に満たすことができるほどステップファミリーの旅は平易でないのも現実です。大切なのはこれらを完璧に遂行することではなく、これらを指針にすることにより新しい家族が自分たちの関係作りを意識したり、今ぶつかっている問題への糸口を見つけて解決へのヒントとしたりすることなのです。

| 基礎情報5:ステップファミリー6つのヒント | 09:11 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://web.saj-stepfamily.org/tb.php/45-75fab84f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT