〜SAJ〜 Stepfamily Association of Japan

子連れ再婚家族のための支援団体

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

いよいよ今週末開催「日米プロジェクト・ステップファミリーセミナー」

日米交流基金助成事業 国際セミナー
============================
   ステップファミリー支援に必要な知識とスキル
     米国の教育プログラムを学ぶ2日間

ーーーーーーーーーーいよいよ開催ですーーーーーーーーーー

沢山の参加お申込をいただきありがとうございます。
参加者の皆様へ、あらためてのご案内です。
開催日時、会場、会場へのアクセスなどは、下記をご参照ください。
当日の予想最高気温は27度と予想されております。
駅から少々歩きますので、余裕をもってお越し下さいませ。

・開催日時 2014年9月13日(土)14日(日)
      午前9時半から午後5時半
・会場   明治学院大学白金キャンパス 2号館2301教室
・アクセス http://www.meijigakuin.ac.jp/access/#shirokane
・キャンパスマップ
      http://www.meijigakuin.ac.jp/campus/shirokane/
      2号棟はキャンパスの奥、学食などがあるパレット
      ゾーンの向かって左側にあります
・昼食情報 学食がお休みです。正門前にローソンがあります。
・参加費  2000円
・セミナーでは、資料をA4封筒にまとめて配布いたします。

盛りだくさんの内容となっております。楽しみですね!
長時間の講義となりますので、体調を整え、どうぞ元気にご参加くださいませ。
皆様にお会いできますのを楽しみにしております。

| アドボカシー・社会提言活動 | 16:26 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日米プロジェクト ステップファミリーセミナー開催しました

9月13日と14日、明治学院大学にて、総勢約90名の参加をもって無事盛会に終了いたしました。
両日で14時間にも及ぶ長時間のセミナーにもかかわらず、終始刺激に富み、満足度と達成感の高い結果を得られたように思います。

遠くアメリカから来日いただき、きめ細かなステップファミリー支援のポイントをご教授、そしてユーモアと温かさを感じる講義をくださった講師のペーパーナウ博士、アドラー=ベーダー博士、ガーノー博士に心からお礼申し上げます。

セミナーの詳しい内容は後日報告書にまとめる予定です。
発行の際は改めてお知らせさせていただきます。楽しみにお待ちください。

開催にあたり厚いご理解とご協力をいただきました国際交流基金日米センター様と、広報にご協力いただきました関係機関の皆様、参加者の皆様に厚く御礼申し上げます。

0914semi.jpeg

| アドボカシー・社会提言活動 | 22:08 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東北大学で講演 2

2014年12月3日 東北大学にて、社会学の授業の1コマとして、ステップファミリー講座の講師をつとめさせていただきました。
法学部や歯学部、文学部など様々な学部の一年生約100人が参加する教室です。

前回は今年の1月でした。前回は親の課題について多くを伝えた感があり、今回は子どもの課題について気持ち多めにいれました(つもり)。参加くださった学生さんの多くは18才から20才くらいですので、子どものお話のほうがより共感しやすいかなと思って。

今回は動画を多用しました。日本のドラマからの抜粋、アメリカの教育プログラムの紹介、最後に先月放送された「おはよう日本」とおそらく計20分以上。
わかりやすいという効果になっていれば良いのですが・・・

後ほどアンケートをまとめていただくので、読ませていただくのが楽しみです。

お声かけくださったのは下夷美幸先生。貴重な機会をいただき、ありがとうございます!

下夷先生のプロフィール
http://www.sal.tohoku.ac.jp/soc/cgi-bin/wiki.cgi?page=%B2%BC%B0%D0%C8%FE%B9%AC

1924500_814224881970546_1779738604436023177_n.jpg

| アドボカシー・社会提言活動 | 11:06 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ファンドレイジング活動をスタート

☆ファンドレイジング活動をスタートしました☆

ステップファミリー支援を拡充の資金を得るために、ファンドレイジングサイト「JustGiving」に活動を申請し、承認いただきました。

SAJは全国が活動地域、そして国際的な人脈を必要とするため多くは公的助成を資金に活動しておりますが、自己資金が必ず必要になります。スタッフの活動はすべてボランティアですが、その交通費や託児費用など経費の確保も重要な課題となっています。
そのために、ぜひ、皆様からの厚きご理解とご支援を賜りたく、この度ファンドレイジング活動をスタートいたしました。応援いただいた方にはギフトとしてSAJの出版冊子をお贈りいたします。
どうぞ宜しくお願いいたします!

※寄附型クラウドファンディングサイト「JustGiving」からお申込みいただけます。クレジットカードによる決済も可能です。

ホームページ右側バナーもしくは、下記リンクよりぜひアクセスのうえ、チャレンジをお願いいたします。
スク2015

| アドボカシー・社会提言活動 | 15:31 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ファシリテーター研修講座 開催のお知らせ

ステップファミリー支援のための
ファシリテーター研修講座 開催します!

chirashi.png<<詳細は画像をクリック


SAJでは今年度、キリン福祉財団から助成をうけ、ステップファミリー支援のためのファシリテーター研修講座を開催いたします。
日程は2月28日(13-18時)と3月1日(午前)、名古屋で行うことになりました。
この研修では、ステップファミリーのサポートグループ運営に不可欠な、ファシリテーターとしての必要なスキルを得ることが目的になります。
東海地区や他地域のリーブススタッフと一緒に、ステップファミリーの支援プログラムと、リーブス運営のためのスキルを学びます。
新しく導入予定のプログラム「スマートステップス」も一部紹介予定です。

講師には立命館大学教授の村本邦子先生を迎え、グループダイナミクスやその効果・運営のポイントを指導いただきます。

ステップファミリー当事者の他、相談窓口などで当事者に係る支援者の方も対象です。
詳細はチラシをご覧の上、HPメニューの「イベント等申込」からお申込ください。

muramoto_p.png

立命館大学大学院応用人間科学研究科教授。専門分野は臨床心理学、女性学。
学術博士。臨床心理士。1961年札幌生まれの鹿児島育ち。1985年京都大学教育学部卒業。1987年同大学大学院教育学研究科教育方法学修士課程修了。2001年アメリカユニオン・インスティテュート大学院博士課程修了。2001年より立命館大学で現職。精神科外来カウンセラーを経て、1990年に女性ライフサイクル研究所設立。DV(家庭内暴力)、虐待、性被害など女性のトラウマの支援や予防などに取り組んできた。
立命館大学 学園通信へのリンクはこちら>>
立命館大学 教員紹介のページはこちら>>

| アドボカシー・社会提言活動 | 10:31 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

女性関連施設相談員研修にて、ステップファミリー研修

 2015年2月6日(金)独立行政法人 国立女性教育会館主催(以降NWEC様)の、女性関連施設相談員研修に参加し、ステップファミリー支援についての分科会講師を務めさせていただきました。

 この分科会は、「個人と社会のつながり方から生まれる現代的な課題に対応するため、講義とワークを通してテーマに対する理解を深め、相談業務に役立つヒントを探る」という目的になっています。NWEC様では、ステップファミリーをテーマとして取り上げていただいたのは初めてとのこと。女性相談等での支援のテーマに取り入れていただけたことが、何よりありがたく、精一杯務めさせていただきました。

 当日は32名の相談員の方々に参加いただきました。ステップファミリーの構造や家族の特徴、動画を交えて事例の検証、支援のポイントなど解説させていただきました。またSAJのサポートグループで活用しているプログラムを用い、基礎情報とワークの効果など体験いただきました。

 ステップファミリーの課題を紐解く過程には、個人と社会とのつながりの上で考慮すべき課題が多くあります。ジェンダーや家族・親子観が強く絡んだ上に、過去の家族の喪失経験や変化、ステップファミリーならではの複雑な家族構造なども加わり、支援には課題の整理がまず重要になります。ステップファミリーの問題は、一見初婚家庭にも起こりうると一般化しがちなことや、その問題性に着目いただけたのではないでしょうか。普段から支援の現場におられる皆様でしたので、何かと察しも早く、流石と思うことが多くありました。駆け足での二時間の研修となり、お伝えしたい情報のほんの一部となってしまいましたが、これを機会に支援者の皆様にさらなるご関心を持っていただけたら幸いです。
 NWEC様には貴重な機会をいただき厚く御礼申し上げます。

独立行政法人 国立女性教育会館
http://www.nwec.jp/

image2 xx

| アドボカシー・社会提言活動 | 16:11 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NHKあさイチ 取材協力しました

☆NHK あさイチ 2月23日(月)☆
メインテーマは「女性リアル 再婚の悩み」
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2015/02/23/01.html

番組ではスタジオトークが盛り上がりすぎ?一部情報がカットになってしまったようです。
このフリップ↓
asaichi.png


番組中、青木さやかさんが「チームっていいですね」と話されてましたね。
家族・家族することを性急に求めず、ゆるやかに1つのチームのメンバーとして関係形成をしていければ良いと私たちも提言しています。
必ずしも「親子」「家族」じゃなくて良い。
そのあたりの話が、今週末のNHKエデュカチオ!でも取り上げられます。
http://www4.nhk.or.jp/educatio/
こちらでも取材協力させていただきました。

当事者の方だけではなく、「家族」にかかわる方皆さんに観ていただいて、一緒に考えていけたらと願っています。

| アドボカシー・社会提言活動 | 11:48 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ステップファミリー支援のためのファシリテーター研修講座 開催しました

 2015年2月28日と3月1日、名古屋市のウィルあいちにて「ステップファミリー支援のためのファシリテーター研修講座」を開催しました。
この講座は平成26年度 キリン子育て・公募事業による助成によって開催されています。

kensyu2.jpg
kensyu.jpg


続きはこちら↓

≫ Read More

| アドボカシー・社会提言活動 | 10:40 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NHK「エデュカチオ!」取材協力&オンエア

再放送の3月7日から日が経ってしまいましたが、ご報告させていただきます。

NHK教育の「エデュカチオ!」にてステップファミリー、特に子どもの幸せについて取り上げられました。
番組のブログ>>

子どもの立場は親の死別や離別・再婚では巻き込まれる立場となってしまいます。
そのための配慮やケアはもちろん重要ですが、番組では子ども中心ではなく、親当事者の思いや悩みも取り上げ、ステップファミリーのメンバー個々の思いや立場の違いを尊重することの大事さ、それを重ねて家族になっていく意義を伝える内容になっていたように感じます。
一方的な配慮やケアがあっても、家族のメンバー相互の意識の共有や共通経験がなければ、家族という連帯感は育まれないのですから。

続きはこちら↓

≫ Read More

| アドボカシー・社会提言活動 | 11:14 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

情報サイト「ママテナ」にてステップファミリー記事掲載

幸せなステップファミリーはどう築く?
全4回

<1>2015.6.6「増加中!ステップファミリーって何?」
http://mama.bibeaute.com/article/16290/

<2>2015.6.8「子連れの再婚、課題や問題点は?」
http://mama.bibeaute.com/article/16296/

<3>2015.6.11「幸せな再婚家庭、ポイントはチーム感」
http://mama.bibeaute.com/article/16298/

<4>2015.6.14「子連れ再婚が新しい家族を迎える心得」
http://mama.bibeaute.com/article/16300/


※記事中表記の出典
「代替家族モデル」「継続家族モデル」
 菊地真理, 2014,「離婚・再婚とステップファミリー」長津美代子・小沢千穂子編『新しい家族関係学』建帛社, 105-120

main1.jpg

| アドボカシー・社会提言活動 | 18:06 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Eテレ「ウワサの保護者会」にてステップファミリー特集

 2016年9月9日の金曜日、
 Eテレ「ウワサの保護者会」という番組にて、
 ステップファミリーが取り上げられます。
 SAJは制作協力としてかかわらせていただいています。 

http://www4.nhk.or.jp/hogosya/x/2016-09-09/31/11470/1729316/
 
 今回の番組は、ステップファミリーの大人(継親・実親)の悩みや
 課題に寄り添うような構成になっているとのこと。
 サポートグループに参加できず、なかなか他の方のお話を聞く機会がない
 当事者の方もまだまだ多いはずですので、そうした方へ、
 ひとりでも多くの方に、気づきや勇気が伝えられると良いなと願っています。
 出演くださった皆様も同じ気持ちで、ご協力くださいました・・・。
 深く、深く感謝申し上げます。
 当事者が語ることは、周知に欠かせない大切なアクションです。

 <同時にニュースでもオンエア>
 また、この番組の宣伝コーナーということで、当日のNHK総合「シブ5時」でも、
 簡単な番組紹介&SAJからのお話をさせていただく予定になりました。
 ニュースだけに、社会状況で割愛になる可能性もありますが、
 同じ日の夕方4時50分からのニュースですので、ぜひご視聴くださいませ。

| アドボカシー・社会提言活動 | 20:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |